EE Aphid(エイフィド)

Last-modified: Sat, 05 May 2018 11:27:43 JST (22d)

EE Aphid(エイフィド) Edit

EE Aphid(エイフィド).jpg

・軽量武器の課金枠その2
・Aphidとはアブラムシという意味、ソビエト連邦が開発した短距離空対空ミサイルR-60のNATOコードネームがAA-8 エイフィド。コレが元ネタであろう
・中武器版としてVortex(ボルテックス)、重武器版としてThermite(サーマイト)がある。
良い点
・8発のミサイルを一斉に発射する。山なりの弾道が特徴で、うまく使うと壁の後ろから攻撃できる。
・発射が可能になる距離は350mだがロックオンは600mから可能。ミサイル自体の射程は350m以上あるので発射後に敵が距離を取っても命中させることが可能。
・シールドを展開したRhino(ライノ)と正面から対峙した場合でも側面に向けて撃ち込むことでいくらかはダメージを与えることが可能
・誘導ミサイルだが誘導力はあまり高くない。ただし威力はSURA-F Pinata(ピナタ)並みとかなり強力である。
・コストは高いがGepard(ゲパルト)が3つ持ち走り回る姿をちらほら見かける。壁を越えて飛んでくるSURA-F Pinata(ピナタ)並の火力と言えば恐ろしさが伝わるだろうか。
・ゲーム中での説明文では高速移動する機体に命中しないといったことが書かれているが、偏差射撃を行うか至近距離から撃てば命中させることが可能。
・上手く使うには、足の速い機体で上手く当てられる場所に動くか、背の高い機体の上の方に付けて壁の上から攻撃できるようにするとよいだろう。

悪い点
・複数載せて使うことで効果を発揮するが、数によっては大量のAuが必要になる。Auと交換するものには他にも有用なものが多いので、優先順位をよく考えてから揃えよう。
・100%当たる武器ではないため早い機体やジャンプ、ダッシュなどであっさり避けられることもしばしば。
・火力は高いが範囲攻撃ではないのでEcu(エキュ)やシールドに防がれる。
 (ただし盾の届かない上部から落ちるように撃つと無視できる)
・ミサイルの軌道が低めなので、高い壁に隠れられるとさすがに防がれてしまう。
・背の低い機体に装備しているときは壁の近くで撃つと当たってしまう。上手く動ける足の速い機体か、背の高い機体に装備して使おう。
・複数同時発射によりバリアー耐久以上の威力を与えても全てバリアーに吸収されてしまうため、全同時発射には向かない。バリアー持ち相手やジャンプ、ダッシュ持ち相手には1発ずつ分けて撃たないと無駄撃ちになりやすい。
・避け方、敵に回した際の対処法は戦闘の基本

コスト・強化時間 Edit

レベルダメージ(単発)総ダメージ(8発)コストアップグレード時間
1----
2----
3----
4----
512309840750 Au-
6135010800750 k Ag10 時間
71480118401.6 M Ag20 時間
81630130402.6 M Ag1 日 4 時間
91790143204.1 M Ag1 日 8 時間
101970157606.1 M Ag1 日 13 時間
112170173609 M Ag2 日 2 時間
1223801904014 M Ag2 日 20 時間

+  過去のコメントはこちら

EE Aphid(エイフィド)/comment

コメントはありません。 EE Aphid(エイフィド)/comment

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White