Lancelot(ランスロット)

Last-modified: Sun, 08 Apr 2018 21:40:26 JST (11d)

Lancelot(ランスロット) Edit

Lancelot(ランスロット) .png

特徴 Edit

・元ネタは円卓の騎士の一人ランスロット。ゲーム、アニメ、漫画で同様の名前を見かけたことは多いだろう
・「円卓の騎士」シリーズの一つ。重ロボット。Fury(フューリー)と同様お値段5000Au
・盾持ちの重量機体。3枚ある固い盾に加え、素の耐久もかなり高めなため、防御力はピカイチ。盾は写真で模様が変わっている3ヶ所(左側からA右腿付け根、B左腿付け根、C左肩とする)に装備されている。
・その他にアビリティとして「ラッシュ」が搭載されている。速度上昇率は66%。
・攻撃、防御共に高水準でアビリティにより速度を補うことができる。その高性能さからか上位のマッチングでは必ずと言っていいほど見かけることになる。
・2017年1月のヴァージョン2.5アップデートで盾の耐久が低下。最大耐久120,000×3→102,000×3になってしまった。その代わり低レベル時の本体の耐久力が上昇(最大レベルでのHPは変わらない)

良い点
・盾の展開による加速がない代わりに火力と使いやすさを向上させた、ライノをより攻撃的に発展させたような機体。
・重機体で、重武器一つに中武器2つを装備できるため、武器面ではBoa(ボア)の強化版のようである。さらに盾を装備しているという贅沢っぷり。
・盾はあるが中身の耐久も結構ある。ちょっとCRV Pin(ピン)がかすった程度ではやられない。
Gareth(ガレス)Galahad(ガラハッド)と違い盾を側面、正面と切り替えることはできない。その代わり移動速度が落ちることはない。
・アビリティは「ラッシュ」。Carnage(カーネージ)と同じで移動速度は66%上昇。クールタイムが20秒あるのも同じ。ちなみにラッシュ使用時の速度は約50となる。
・実弾武器、エネルギー武器相手に真正面からの撃ち合いならば間違いなく負けない。味方にいると非常に頼りになるが、逆に敵に回したときは真の脅威を知るだろう。

悪い点
・近距離戦向けの機体としては足が遅すぎる。度重なるアップデートにより、最大移動速度30は全機体の中で最低になってしまった(ゼニットすら避けられない)。一応ラッシュで補うことができるが効果時間10秒でクールタイムが20秒なので使いどころを見極める必要がある。
・自慢の盾も爆発系武器には無力。射程600mのHRS Trident(トライデント)相手には何もできずに負けるだろう・・・
・間合いの中では間違いなく強いのだが、それゆえ敵に最も警戒される機体の一つ。CRV Pin(ピン)HRS Trident(トライデント)を持っている敵がこの機体を見つけたら集中的に狙われるだろう。物陰に隠れながら進むなど、上手く立ち回れないとただの的に終わってしまう。
・高速機相手には密着しながら周囲をぐるぐる回られ、盾が効かない側面や後ろにEP Magnum (マグナム)を受け続けたり、物陰からSURA-F Pinata(ピナタ)を撃ち逃げされたりする。
・盾が3枚装備されているが、正面から撃ち合いになった時に攻撃を防御するのはBになることが多い。Aは右寄りから撃たれた時に防御することはあるが、Cに関してはミサイルを稀に防ぐことがあるぐらいである。盾一枚当たりの耐久力はGareth(ガレス)のシールドより低いので、爆発武器以外の武器同士で他の盾持ち機と撃ち合うと撃ち負ける可能性が高くなってしまう。
・値段が高い
・タランでランスロットに正面から当たる時、枠の端ギリギリを狙って撃つと盾を無視してダメージを与えることができます

装備例(銀、金、WP武器のみ) Edit

装備解説
ECC Thunder(サンダー)+E-SG Taran(タラン)x2高火力に前方からの範囲攻撃以外を防ぐ盾でタイマンにめっぽう強い装備。R4OM Orkan(オルカン)と比べるとDPSで大きく劣り、リロードがあるので常に撃ち続けることはできないが、あちらは全弾リロードまでに23秒だがこちらは5秒で終わってしまうので一定の火力を維持しやすく、またDPMも大きく上回る。しかし、オルピナ積んだ相手や、そうでなくても横や後ろを突かれると厳しい。また、HRS Trident(トライデント)の狙撃には注意。遮蔽物の多い場所で戦おう。
ECC Thunder(サンダー)+R4OM Orkan(オルカン)x2盾持ちの相手にもオルカンでダメージを与えられ、オルピナを持ってくる相手にもオルカンとサンダーの瞬間火力で反撃できる。E-SG Taran(タラン)と比べるとDPSでは大きく上回り、リロード中にも好きな時に撃つことができるが、ある程度リロードを待たないとダメージを与えにくい上にDPMでは大きく劣る。こちらも遠くから飛んでくるHRS Trident(トライデント)などには注意。
Zeus(ゼウス)+E-SG Taran(タラン)x2アンサイルが猛威を振るう今、この組み合わせにする事でアンサイルを無視しダメージを与えられる。特にアンサイルを載せた同機体に対してはゼウスによって盾を素早く破壊して有利な状況に持ち込むことができる。弾速も非常に速くて命中させやすくリロードの時間も短いので安定して大ダメージを与えることができる。
Ancile(アンサイル)+E-SG Taran(タラン)x2弱点の爆発系武器をAncile(アンサイル)で防ぎE-SG Taran(タラン)で暴れる。高い防御性能を誇る一方、火力に関しては中量武器二つのみと重量機体としては物足りなくなる。また、盾の耐久力もそれほど高くないのでエネルギー武器持ちが相手だと早い段階で盾を破壊されてしまう恐れがある。基本的に単機よりも複数で攻めた方が活躍できる。継戦火力に優れており、全弾撃ち尽くしても僅かな時間で全弾装填されるので味方のみが攻撃している状況になりにくい。作戦を立てて常に複数で行動しやすい分隊で活躍できる。
Ancile(アンサイル)+R4OM Orkan(オルカン)x2上記の亜種。こちらはタランと比べると瞬間火力が高くなっている。ただし、オルカンの瞬間火力の高さはある程度リロードされないと発揮されないため、一度攻撃したら障害物に隠れるなどして少しリロードを待ってから再進行するようにしよう。そのため、味方の進行と足並みを揃えにくいため分隊よりも野良の方が扱いやすい。

装備例(コンポーネントを含む) Edit

装備解説
Ancile(アンサイル)+Storm(ストーム)×2主に近距離で壊滅的ダメージを叩き込む装備。500mまでの敵を攻撃できるが250m以上離れてると殆ど当たらない点に注意。アンサイルをつけていると大抵の敵は近寄ってくるため相性は良い。またストームのコンポーネントは他に比べると割と入手が容易である。
Tempest(テンペスト)+Molot Mk2(モロット マークツー)x2遠距離から弾幕を張る後方支援タイプ。盾のお陰で遠距離同士の打ち合いでは、まず負けない。また、Ancile(アンサイル)等のバリアや盾機体達の盾をアッという間に剥がすことができる。ただ、Fuly(フューリー)やNatasha(ナターシャ)に火力で負けてしまっている点、せっかくのラッシュアビリティーが宝の持ち腐れになってしまっている点は否めない。また、芋装備にしている以上、前線のビーコンは簡単には取りにいけない。せめて、端っこのビーコンを取りにいく、戦況に合わせ機体を乗り換えるなどしよう。

強化時間・コスト Edit

レベル速度耐久値シールド耐久費用必要時間
1238600052000 x35000 Au-
2249200055000 x320 k Ag5 分
3259800059000 x350 k Ag1 時間
42610400062000 x3100 k Ag4 時間
52611100067000 x3200 k Ag10 時間
62711800071000 x3500 k Ag20 時間
72812500075000 x31 M Ag1 日 8 時間 46 分 40 秒
82913300080000 x32 M Ag1 日 22 時間
93014100085000 x35 M Ag2 日 9 時間
103015000090000 x37 M Ag2 日 21 時間
113016000096000 x315 M Ag4 日 14 時間
1230170000102000 x324 M Ag5 日 10 時間

+  過去のコメントはこちら

Lancelot(ランスロット)/comment

コメントはありません。 Lancelot(ランスロット)/comment

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White