Ancile(アンサイル) の変更点


*Ancile(アンサイル)[#o3792f5f]
#ref(Ancile(アンサイル).jpg)

・課金装備、実弾兵器を防ぐバリアを張れる。他にないタイプの装備でありネタ感は有るが使うと面白い装備である。Auに余裕があるなら買うのも手だが、[[Carnage(カーネージ)]]に標準搭載されているので別の機体や武器を選択する方がいいだろう。
・元ネタはローマ神話に登場する聖盾アンキレー、古代ローマにおいて「これが存在する限りローマは世界の支配者でいられる」という神託とともに軍神マルスから皇帝に授けられた伝説の盾。

&color(green){&size(40){良い点};};
・[[Ecu(エキュ)]]や[[Rhino(ライノ)]]の盾と違い全方位からの攻撃を防ぐことが出来る上に1秒に3%耐久値が回復する。
・耐久値が無くなってしまった場合は20%分回復(=7秒経過)するとバリアが再展開される。
・[[Carnage(カーネージ)]]に搭載されてるものと違い回復速度が速い
・バリアの範囲が広く味方への攻撃を防ぐことも可能。
・強い実弾兵器も多いので装備すると心強い。
・盾を持っている機体で重武器が置けるもの(現在は[[Lancelot(ランスロット)]]と[[Raijin(ライジン)]])に持たせることであらゆるタイプの武器を防げる。
・他の味方、特に盾持ちの機体と共に行動するとお互いに防げない武器(爆発系とエネルギー系)を補うことができる。野良だと意思疎通ができないため難しいが、分隊などでは作戦に組み込んでみるのもいいだろう。
&color(green){&size(20){アップデートでバリアが実際の2倍のダメージを受けるバグがなくなったため、これからの活躍が期待される};};

&color(Red){&size(40){悪い点};};
・バリアの範囲が広く壁の後ろに隠れていてもバリアが壁からはみ出すことが多い。もちろんはみ出したバリアは敵の攻撃を受ける。また、範囲の広さゆえに、サンダーなどで簡単に削れてしまう。
・エネルギー兵器のトレビュシェットやマグナムなどを防げないのはかなり痛い。
・バリアの中(自機から10メートルぐらいまで)に入られるとバリアの効果が無くなる。そうなると重武器を一つ失ったも同然となってしまう。
・重量武器一つ分の火力を失っているため、本来であれば勝てるはずの相手でも返り討ちに遭うこともある。載せる場合はどのような敵に対してぶつけるのか、仮想敵をしっかりと定めておくこと。
*コスト・強化時間 [#z31fcf6f]
| レベル | | 耐久値 | 秒間再生値| コスト | | アップグレード時間 |
| 1 | | - | | - | | - |
| 2 | | - | | - | | - |
| 3 | | 41000 | 1230 | 1500 Au | |   |
| 4 | | 45000 | 1350 | 96 k Ag | | 2 時間 24 分 |
| 5 | | 49000 | 1470 | 480 k Ag | | 10 時間 |
| 6 | | 54000 | 1620 | 960 k Ag | | 20 時間 |
| 7 | | 59000 | 1770 | 1.9 M Ag | | 1 日 16 時間 |
| 8 | | 65000 | 1950 | 3.6 M Ag | | 2 日 2 時間 |
| 9 | | 71000 | 2130 | 7.2 M Ag | | 2 日 12 時間 |
| 10 | | 78000 | 2340 | 12 M Ag | | 3 日 1 時間 |
| 11 | | 86000 | 2580 | 19 M Ag | | 4 日 4 時間 |
| 12 | | 95000 | 2850 | 31 M Ag | | 5 日 17 時間 |

----
#region(過去のコメントはこちら)
[[Ancile(アンサイル)/comment]]
#endregion

#scomment(./comment,20)