Natasha(ナターシャ) の変更点

Top > Natasha(ナターシャ)

*Natasha(ナターシャ)[#o3792f5f]

|#ref(WR.IC.Natasha.png)|&resizeimage(Natasha(ナターシャ).jpg,0500,0500);| &resizeimage(Natasha(ナターシャ)2.jpg,0500,0500);|

#region(動画)
|動画|h
|#youtube(yO-SMAhzwk4)|
#endregion

#region(塗装)
|MONSTRO(349Au)|BLAZE(500Au)|h
|&resizeimage(Natasha(MONSTRO).jpg,0640,0360);| &resizeimage(Natasha(BLAZE).jpg,0640,0360);|
|黄緑色に、黄色い目や牙、黒い鼻孔に各部に縫合痕のある怪物のような塗装。|漆黒の機体にファイアパターンと赤いラインが入る。機体正面、背面には髑髏がある。|
#endregion


''※アップデートで性能が変化したことと、記述が増えてきたので整理のために過去の記述を隠し表示にしました。''


**特徴 [#s880e2d6]
LEFT:|性能|>|>|価格|級|>|>|武器スロット|速度(km)|>|>|>|耐久値(k)|>|>|>|>|>|アビリティ|h
|~|kAg|Au|\|~|軽|中|重|~|機体|盾|アンサイル|その他|ジャンプ|ラッシュ(km/秒)|ダッシュ|ステルス(秒)|その他|クールタイム(秒)|
|Lv12|1700|||重|2||2|36|190||||||||||
・軽量武器2つ、重量武器2つを装備可能な重量機体。プレイヤーLv18から購入可能。価格は1.7MAg
・火力は高いが足が遅く、近距離戦で運用が難しいことからやや扱い難い機体である。
・最近になり各種性能が改善され始め、以前程の酷評は食わなくなったものの、依然として突出した性能もないのも事実である。元々重スロ2、軽スロ2という火力や基本装備は決して悪い性能ではない。しかし、遠距離武器が冷遇されていることから、近距離編成では遅さから中々活躍が出来ない場面が多いと思われる。スピードが改善されて[[Fury(フューリー)]]と同じにはなったものの、未だこの機体の評価は定まらず。基本性能は悪くないため、要は生かすも殺すもプレイヤー次第の機体といえる。機体の遅さを遮蔽物を利用して動き続けてカバーすると良い。
・同じ重量機体の[[Griffin(グリフィン)]]と同様、機体頭部は爆撃機や輸送機の機首部分に似ているが、ナターシャの方が頭部全体が大きく四角い。特に頭部正面にある4つの吸気ファンのようなディテールが目を引く。頭部キャノピー下には、左下側に02の文字、右下側には某国の蛇の目のようなマークがあり、これらはまとめて機体背面にも描かれている。脚部は太く短く、膝部分の装甲が大きい。膝下からはかなり太いシリンダーが爪先部分につながっている。爪先は3本爪に見えるが、よく見ると外側2本は踵から回り込んでいる。機体各所に注意表記のような虎模様がある。

&color(green){&size(40){良い点};};
・重x2+軽x2の武器枠を持ち、火力はかなり高い。機動力の低さを克服できれば活躍は見込める。機体上部に重武器があるので、この点を利用して遮蔽物に身を隠しながら一方的攻撃出来る点は魅力の一つ。軽武器も同様に壁から武器だけを出して攻撃する事で被弾を抑えられる。
・(特に高レベル帯の)強化コストの低さ、強化時間の短さによる強化のしやすさが光る。アップデートで以前ほどの安さはなくなったが、それでも格安で火力機体を作成できる。
・アップデートによって強化され、耐久もそれなりにあり、[[Fury(フューリー)]]や[[Griffin(グリフィン)]]と同格である。(しかも先述の通り他の機体より12Lvに到達しやすい)

&color(Red){&size(40){悪い点};};
・一部のプレイヤーがゼニット、ノリカムというダメージが期待出来ない装備を使う為、いわゆる芋機体と誤認されている。この理由からゼニノリナタは存在自体が味方の士気を下げるので、最も使用を避けるべき装備。
#region(Natashaが嫌われる理由)
・主に中遠編成のナタや、ゼニノリナタの存在が原因である。ゼニノリナタは[[Zenit(ゼニット)]]と[[SM NORICUM(ノリカム)]]を装備したナターシャのことで、この装備は両方とも評判が非常に悪い。詳細は武器のページを見てもらいたいが、端的に言えばこれを装備した機体はほとんど役に立たなかった。そのため、ゼニノリナタはいわゆる地雷プレイヤーの代名詞となり、ナターシャ自身にもそのイメージが定着してしまった。(現在はアップデートによりいずれの装備も使用して遜色のない程度に強化されている。)
・そもそも遠距離機体があまり好まれていないことに注意したい。かゆいところに手が届く遠距離機体は1機いればありがたいが、2機以上はビーコン奪取&防衛のお荷物になりがちである。
#endregion




#region(参考:これまでの評価)
**特徴 [#p138ba96]
・シルバーで購入できる最後の機体。レベル18から購入できる。
・ということは強いのかと思いきや、その性能は一言でいって''ゴミ''である。
・うっすい装甲に、全機体中で最低の鈍足。真面目に勝ちたい人はこんな機体に乗らないように。
・ナターシャの元ネタは不明、ハリケーンに女性名を付けるように名付けられたか?
・軽量武器2つと重量武器2つを装備できる。

&color(green){&size(40){良い点};};
・軽量火器一つが重火器に変わっていることを除けば[[Leo(レオ)]]の下位互換である。重火器を有効に活用できないのであればレオを使ったほうが良い。
・[[ETC Kang-Dae(カンデ)]]か[[E-Ww Trebuchet(トレビュシェット)]]で狙撃、軽量武器は[[GEKKO XX(ゲッコー)]]がお勧め、[[ECC Thunder(サンダー)]]を持ってビーコン防衛もアリ

&color(Red){&size(40){悪い点};};
・&color(Red){&size(400){使わないほうが良い};};
・歩行速度が[[Fury(フューリー)]]以下でゲーム中最も遅いため、敵に狙われたらまず逃げられないだろう
・ただでさえ機体性能の時点で嫌われるタイプなのでゼニノリや狙撃武装なんか装備した暁には、低い位置に落とされたり敵前に出されたり仲間が君の姿を見た瞬間バトルを抜けたりするだろう。正直自業自得なため仕返しはしないように。
・二足歩行ロボとはいえ、踏破性能はかなり低く、急な斜面などでは登りきれずに滑り落ちてしまう
・[[Zenit(ゼニット)]]と[[SM NORICUM(ノリカム)]]の組み合わせのナターシャはゲーム中最大のキングオブ地雷。通称ゼニノリナタ。敵に2~3体いたらまず勝ち確定と言っていいレベル(味方に地雷ナターシャがいた場合は・・・・・)
・敵にゼニノリナタがいた時は、奴がビーコンの上に立っているわけでもなくて[[Fury(フューリー)]]などの有用な遠距離機を狙っているわけでもなく、なおかつ報酬目当てでもないなら放っておいたほうが良い。なぜか芋に限って強力な前衛機を持っていることが多いので、撃破すると前線の敵戦力を強化してしまうことがある。
・シルバーで買える最後の機体なのだがどうにも残念な感じが否めない。レベル18時点で遠距離戦がどうしてもしたいなら[[Griffin(グリフィン)]]に[[AC Molot(モロット)]]積むことを勧める。
・
#endregion
**装備例 [#i62a3844]
#region(0-350:近距離)
|装備|解説|h
|[[Thunder(サンダー)>ECC Thunder(サンダー)]]×2+[[Gust(ガスト)]]×2|いわゆるサンダー系の装備で揃えたもの。この系統の武器はかなり敵に接近する必要があるが、ナターシャ自体にダッシュやラッシュ等の移動スキルがないため接近するだけでも一苦労。接近してる最中に敵の中距離武器に削られないように壁越しに移動する事を勧める。接近できればかなりの火力を誇るが、防御アビリティの無いナターシャの耐久で近距離装備の敵とやりあえば決して楽な戦いにはならない。因みに散弾系では[[Storm(ストーム)]]×4のスペクターに次いで2番目の高火力を誇る。|
|[[Ember(エンバー)]]×2+[[Halo(ヘイロー)]]×2|Haloでスタンをかけエンバーで焼き払うことができる。ヘイローは横に広がる性質を持ち、止まっていない敵を撃つ際にもエンバーの偏差打ちと同時に攻撃が当たり非常に相性の良い組み合わせ。ビーコン奪取しようとするヘルバーナー対策にも有効。|
|[[Redeemer(リディーマー)]]×2+[[Magnum(マグナム)>EP Magnum (マグナム)]]×2|弾速が速く、精度も優れている。射程や弾速等、属性が同じでエネルギー属性の為、[[Ancile(アンサイル)]]等のエネルギーシールドを無視してダメージを与えられる。これらの特徴からリディーマー実装当初から対ヘチ戦において重宝されていた。リディーマー2本の火力は凄まじくマグナムによって隙ができにくいのでたとえオルヘチがダッシュで間合いを詰めてきたとしても十分打ち勝てる(350mから撃ち始めた場合)ポテンシャルを秘める装備例。瞬間火力においては低水準なので上手く扱うにはいかに攻撃を当て続けられるかが重要となってくる。|
#endregion

#region(350-600:中距離)
|装備|解説|h
|[[HRS Trident(トライデント)]]x2+[[CRV Pin(ピン)]]x2|ピンの射程が短く、攻撃範囲も狭い分[[Fury(フューリー)]]の下位互換ではあるが、射程内火力では同格。|
|[[Zeus(ゼウス)]]x2+[[GEKKO XX(ゲッコー)]]x2|ゲッコ―を活かした高い自由度を持つ。ゼウスのロック機構がこの装備では扱いやすさに一役買う。撃ち切り火力はゼウスフューリーを凌ぐ。|
|[[Avenger(アヴェンジャー)]]x2+[[Shredder(シュレッダー)]]×2|Shredderでスタンをかけアベンジャーで蜂の巣にすることができる。近中対応可能な装備。火力、耐久力共に申し分ないがアベンジャーのリロードの隙が大きいことに加え、ナターシャ自体に防御アビリティがないことから基本的には300mのオルカン、350mのタランが届かない350~500mを維持しながら戦うのが賢い運用方法。|
|[[Viper(ヴァイパー)]]x2+[[Shredder(シュレッダー)]]×2|対高耐久機体に特化した装備。アヴェンジャーとの比較では、近距離においては大きく水をあけられていること、イージスに弱いことが挙げられる一方でファルコンやインベーダーのような機体を長時間撃ち続けらる場合にはヴァイパーのほうがダメージ効率に優れている。余談だが、Shredderでスタンをかけヴァイパーで撃つと相手画面に腐食表示とロックダウン表示の両方が表示されるため、敵が混乱するというカタルシスの為に使っているなどという変態紳士もいる。|
|[[Dragoon(ドラグーン)]]×2+[[Arbalest(アルバレスト)]]×2|中距離から攻撃を繰り返す装備。武器が上に付いてるので頭出し等の障害物を利用した被弾を避けながらの攻撃をしていきたい。しかし、Fury(フューリー)とは違って全ての武器が上方についてないのでFury(フューリー)の下位互換感が否めない。ver4.5でアッパー修正の入った[[Trident(トライデント)>HRS Trident(トライデント)]]等の脅威となる武器が蔓延る中距離兵器として、立ち回りには細心の注意が必要。|
#endregion


#region(700-:遠距離)
|装備|解説|h
|[[Tempest(テンペスト)]]x2+[[AC Molot(モロット)]]x2|テンフューとさほど変わらない火力の弾幕を張って、800mから相手の体力をゴリゴリ削る。ただし、火力は高いものの敵をモロット系の有効射程距離に収めようとすると低い耐久と武器の壊れやすさを補うための立ち回りが求められるため、テンフューと比べてやや扱いが難しい。フューリー+テンペスト×3を揃えるまでは扱えるが、それらが揃ってしまったら下位互換となってしまう。なのだが、こちらの方が安く済むという利点がある。|
|[[Nashorn(ナースホルン)]]+[[GEKKO XX(ゲッコー)]]|遠距離用装備。ナースホルン、ゲッコーの高い継続火力で敵をじわじわ追い詰める。|
|[[Trebuchet(トレビュシェット)>E-Ww Trebuchet(トレビュシェット)]]x2+[[GEKKO XX(ゲッコー)]]x2|遠距離戦用の装備。''TPOをわきまえれば''(雪山でも初手で選出せず、ビーコンで勝ってる時にスナイパーがいない場合に使うのが良いだろう。)高火力で味方の援護ができる。一応[[Fury(フューリー)]]の下位互換ではあるが、値段を考えれば選択肢としては良いだろう。先述の通り残念ながらかなり嫌われてしまっているので味方の士気を考えると他のにするのが良いかもしれない。理不尽ではあるが。|
|[[Flux(フラックス)]]x2+[[Gekko(ゲッコー)>GEKKO XX(ゲッコー)]]×2|コストと強化時間が長いというデメリットはあるが、遠距離機体としては規格外の継続火力を誇る。理論上の継続火力は上記のドラグーンとほぼ互角で、射程が全武器最長の1100Mとドラグーンよりも500M長いことを踏まえればいかに強力な機体かわかるだろう。フルチャージまでの時間(撃たなくても無駄にならない時間)こそドラグーンよりも短いがその差は1秒とほぼ互角。派手で相手の画面まで揺らすエフェクトは一長一短だが、爽快感もあり一見の価値あり。上位互換のフラックスフューリーとの火力差は[[Gekko(ゲッコー)>GEKKO XX(ゲッコー)]]一本分しかない。その為わざわざ長いアップグレード時間をかけてフラックスをもう1本作るのならばナターシャで妥協してみてもいいのかもしれない。|
|[[Zenit(ゼニット)]]x2+[[SM NORICUM(ノリカム)]]x2|以前は産廃装備の代表格だった組み合わせで、他の装備をしているナターシャが風評被害を被るほどだった。アップデートによって幾分か使い勝手は良くなったが、接近されると手も足も出なくなるのは変わりない。公式おすすめ装備だが使用目的が非常に限定的のため、他の装備の方が扱いやすい。|
#endregion

#region(防御装備のみ)
|装備|解説|h
|[[Ancile(アンサイル)]]×2+[[Ecu(エキュ)]]×2|[[Ancile(アンサイル)]]×2[[Raijin(ライジン)]]の動けるver。動けている状態でもエネルギーと実弾両方を遮断できるため、[[Raijin(ライジン)]]よりも遥かに汎用性が高い。この装備?の真価は味方の被弾を抑えることにあるので速度が遅いナターシャではビーコンラッシュでのビーコン防衛にしか活躍できない。本体耐久は雷神の方が遥かに高いが、盾の耐久値が雷神,300000に対し[[Ecu(エキュ)]]×2のナターシャは合計394000と高くなっているのでそこまで気にならない。|
#endregion
**コスト・強化時間 [#z31fcf6f]

※エコノミー反映済み
#region(反映前)

反映前
|レベル|速度|耐久値|コスト|強化時間|h
|1|- |- |- |-|
|2|- |- |- |-|
|3|- |- |- |-|
|4|- |- |- |-|
|5|- |- |- |-|
|6|30|120000|1.7 M Ag |-|
|7|31|130000|1 M Ag |1 日|
|8|32|140000|2 M Ag |1 日 1時間|
|9|33|151000|2.5 M Ag |1 日 2 時間|
|10|33|163000|5 M Ag |1 日 4 時間|
|11|33|176000|7 M Ag |1 日 7 時間|
|12|33|190000|8 M Ag |1 日 9 時間|
|~レベル|~速度|~耐久値|~コスト|~強化時間|h
|1|-|-|-|-|
|2|-|-|-|-|
|3|-|-|-|-|
|4|-|-|-|-|
|5|-|-|-|-|
|6|30|120000|1.7 M Ag|-|
|7|31|130000|1 M Ag|1 日|
|8|32|140000|2 M Ag|1 日 1時間|
|9|33|151000|2.5 M Ag|1 日 2 時間|
|10|33|163000|5 M Ag|1 日 4 時間|
|11|33|176000|7 M Ag|1 日 7 時間|
|12|33|190000|8 M Ag|1 日 9 時間|
#endregion
LEFT:|レベル|速度|耐久値|コスト|強化時間|h
|1|- |- |- |-|
|2|- |- |- |-|
|3|- |- |- |-|
|4|- |- |- |-|
|5|- |- |- |-|
|6|33|120000|1.7 M Ag |-|
|7|34|130000|1.6 M Ag |1 日 9 時間|
|8|35|140000|3 M Ag |1 日 18時間|
|9|36|151000|6 M Ag |2 日 2 時間 24 分|
|10|36|163000|10 M Ag |2 日 12 時間|
|11|36|176000|16 M Ag |3 日 12 時間|
|12|36|190000|26 M Ag |4 日 18 時間|
LEFT:
|~レベル|~速度|~耐久値|~コスト|~強化時間|h
|1|-|-|-|-|
|2|-|-|-|-|
|3|-|-|-|-|
|4|-|-|-|-|
|5|-|-|-|-|
|6|35|126000|1.7 M Ag|-|
|7|34|130000|1.6 M Ag|1 日 9 時間|
|8|35|140000|3 M Ag|1 日 18時間|
|9|38|159000|6 M Ag|2 日 2 時間 24 分|
|10|38|163000|10 M Ag|2 日 12 時間|
|11|38|176000|16 M Ag|3 日 12 時間|
|12|38|200000|26 M Ag|4 日 18 時間|

----
#region(過去のコメントはこちら)

[[Natasha(ナターシャ)/comment]]
#endregion

#scomment(./comment,20)




関連リンク